住民税の均等割課税

住民税の均等割課税

住民税の均等割課税とは?

均等割課税の確認を

 

法人税の中には住民税の均等割課税が存在します。市町村税や都道府県税がそれに該当するもので、各地域で赤字であったとしても固定で発生してしまう法人税となっています。年間、おおよそ7万円から10万円程度、1000万円を超える会社であれば、それ以上の費用が発生してしまうため、この固定費は個人事業主であれば、発生しなかった費用となるため、全体的な負担としては大きな金額になってしまうことが予想されます。

 

赤字でも税金は発生する

 

法人化をしてしまうと、休業などの状態にならない限り、実際にはこのような費用が発生してしまうことになるため、どうしてもその負担は避けることができない金額となってしまいます。これらの費用は会社ごとによって、事業規模や固定費が若干、左右することがありますが、一般的には避けることができない法人税のデメリットの一つとなります。

 

未払いは強制徴収の対象に

 

また、法人税を未払いになると強制徴収の対象となってしまうため、事業が休業などの時には速やかに休業届を出すようにすることが求められます。全体的に税金の負担が大きくなってしまうと、安定して事業を行うことが難しくなってしまう可能性がありますから、その点については、十分に注意を払うようにしてください。全体的な負担をなるべく小さくできるように、正しい税務上の対策を講じられるようにしておけば、ある程度、経費の中でこれらの住民税の均等割課税も計算に入れて準備をすることができます。最終的にどの程度の金額が発生してしまうのか、ということを意識しておくことで、負担をかなり軽減することができますから、ぜひその点についてはケアを怠らないようにしておくことをお勧めします。そうすれば、税務上の負担も小さくしていくことができます。


ホーム サイトマップ