交通費の限度額

交通費の限度額

交通費の限度額について

交通費の限度額と法人税

 

交通費の限度額が法人化に伴い、公共機関に準じたことや、営業活動に限定されてしまうなど、個人事業主よりも規定が細かくなる、というデメリットがあります。このあたりは、税務署の規定や法人の規模によって細かく設定されているため、その点で不利益を被らないように注意をしなければなりません。また、事業内容に対しての交通費も、一定金額が決まってしまうこともあり、全てを営業費として算入できないことがあります。

 

交通費の妥当性に注意

 

これは、事業目的や交通費の妥当性ということにもなりますが、おおよそ交通費は、一般的な通勤費用や、事業に対して認められる営業活動の費用のみとなり、個人事業主の時のような旅行の視察などの費用を全て経費算入することが難しくなってしまいます。小規模法人であれば、なるべく経費算入をして、最終的な負担を小さくしたいと考える経営者の方は多いと思われすが、現実的には税制の規定によってできない場合があります。

 

記録に残して経費の算入へ

 

また、会社の社員やスタッフが使用した交通費に関しては、印鑑や記録などを明確に残しておくことが求められます。この記録があいまいで概要だけを経費として算入することは、税務署で経費として算入が認められない可能性もあります。特に通勤などの分かりやすい記録であれば、経費として算入されることに問題はありませんが、出張などの突発的に発生した経費に関しては、算入が認められない可能性もありますから、目的の有無や乗車した公共機関や営業車を使用した場合には、ガソリン代などを記録に残すようにしなければ、その後の記録を明確にすることが出来なくなり、最終的に算入を認められない、という可能性があります。これらの点は妥当性があれば、認められますから、交通経路などを記録しておくことで防ぐことが可能です。


ホーム サイトマップ