事業の財産は常日頃から管理を行う(「顧客名簿」など)

事業の財産は常日頃から管理を行う(「顧客名簿」など)

「顧客名簿」のまとめ方

物質的な財産をチェック

 

会社の事業に関する、物理的な財産以外にも情報や顧客名簿などは財産として扱うことができます。この点は、意外と見落としがちとなってしまうことで、会社の運営上で不利益を被る結果になってしまうことが予想されます。顧客名簿などの管理は、現在はパソコンなどのコンピュータで効率的に管理することが可能になってきたため、営業に役立てられるようになってきました。この方針をうまく活用すれば、従来よりもずっとよい方法で営業を収集することが可能になります。

 

顧客名簿のまとめ方

 

顧客名簿に関しては、どのようにまとめるのか、ということはセンスがいるポイントです。これは会社ごとに情報をうまく効率的にまとめなければ、なかなか上手にまとめることができないポイントにもなります。情報としてどのような項目が必要になるのか、ということを意識して、なるべく必要なことをしっかりとまとめておくようにすることが求められます。

 

見込み客への情報発信

 

また、営業やセールスを行うときには見込み客ごとに情報を発信しなければ、あまり営業の成果があがらないような場合もありますから、その点を考慮して、出来る限り効率が高くなる方法を採用するようにされることをお勧めします。顧客名簿でも一律にリスト管理するのではなく、優先順位を決めて管理することで効率的になります。常連の営業リストの上位に来る顧客情報と、一年に数回程度やり取りをする顧客情報を一緒にして情報管理をしてしまうと、案内の文面やメールなども当然変わってしまうことになりますから、その点については、きっちりと情報管理を進めておくと良いでしょう。安定して情報を発信できるように、ぜひ効率よくまとめられるようにされておくと便利です。


ホーム サイトマップ