税務署に「家計費の経費混入」をうるさく指摘されたら?

税務署に「家計費の経費混入」をうるさく指摘されたら?

明確な分類方法を示せるようにしよう

税務署への申告と経費算入

 

個人事業主として確定申告をするときに、税務署には「個人の経費」の混入を指摘されることがあります。マンションや自家用車、携帯電話の料金などに関しては、明確な分類が無ければ、この指摘ができない可能性があります。この点については、どのような分類方法を採用しているのか、ということを明確に示せることが求められます。しかしながら、分類が難しいものに対しては、税務署にどのような立証方法を採用することができるのか、ということを明確にしておくことが大切です。

 

個人事業主の算入

 

個人事業主の場合、事業目的の経費と、自分の生活で発生した経費を分類するのが難しいところがありますから、その点を意識しておくことをお勧めします。個人事業主となると、経費で算入できることが限られてしまう場合もありますから、その点については正しい申告をするように心がけてください。
ただし、自家用車を使用している場合でも営業目的で使用しているのであれば、その点を明確に説明されるようにしておくことをお勧めします。もし、その点を丁寧に説明するのであれば、領収書と合わせて営業活動で使用した日報などを添えるようにすれば、個人の経費の算入を指摘されることはないため、不安に感じることはありません。このあたりの問題は各経費についても同様になりますから、余計な不安を考えることは必要ありません。

 

領収書の経費算入

 

経費関連については、領収書を私生活の経費と混同すると、この指摘を税務署から受けやすくなるため、科目勘定別に請求書を分類できるようにしておくことが、税務署の指摘を受けて修正しなければならなくなる、などの問題を回避することにつながります。また、経費算入の方法などについても、明確に分類できるようにしておくことが間違いないでしょう。


ホーム サイトマップ