解雇は容易ではない

解雇は容易ではない

解雇する時の注意点

労働者の解雇には注意を

 

一般的に労働者を解雇することは、会社都合となる場合には法的な規定が設けられているため、現実的には難しくなってしまうことが予想されます。雇用者にとっては、労働条件は出来る限り柔軟にしておきたいものですが、生活がかかっている労働者にとっては、雇用条件や解雇ということは生活に直結する重要な問題となってきます。そのため、労働者側にとっては、比較的有利となるような法的な条件が盛り込まれていることが多く、労働者の立場が守られていることが珍しくありません。

 

労働者は法律で守られている

 

労働者の立場に関しては、労働基準法によって守られていますが、その中でも解雇は特に厳しく制限を設けられている事項の一つです。この点については、労働者はかなり有利に守られているため、労働者にとっては解雇については難しい項目の一つとなってしまうことが予想されます。労働条件に関しては、労働者が守っている限り、遅刻や欠勤が多いなどの事由がない限り、なかなか解雇をすることが難しいということになっています。

 

規定の拘束力を無視してはいけない

 

労働者を解雇する場合には、規定の法的な拘束力を無視して解雇してしまうと「不当解雇」とされて会社が告発されることになります。不当解雇の場合、精神的な苦痛はもちろんのこと、本来受け取ることができたと主張する労働者の給与に関しても請求権が発生してしまうことになりますから、その点に関しては十分に注意をすることが求められます。労働者にとって、極端な不利益とならないように、労働条件に関しては、明確に明示しなければ、解雇は現実的に難しいと考えてもよいでしょう。そのため、労働者に辞めてもらいときには、経営上の都合であっても、事前に話し合いを設けることが必要になってくるといえます。


ホーム サイトマップ