明示しなけらばならない労働条件は?

明示しなけらばならない労働条件は?

労働条件はきちんと確認

明示すべき労働条件

 

明示するべき労働条件に関して、まず最初に求められることは労働日数、労働時間、給与、有給、手当と本給に関してです。労働日数に関しては、規定の日数をどのように算出しているのか、ということを雇用契約書に記載しなければなりません。この点があいまいになってしまうと、労働者、雇用者ともに不利益を被る結果になってしまうことが予想されます。また、契約書に明示していなければ、労働者にとっても、給与がどのように算出されているのか、不明瞭になってしまいます。最低賃金を違反している可能性もありますから、労働日数は月に21日、もしくは26日など、明示しなければなりません。労働基準法には7日に1日休みを設けなければならない、ということも規定しなければなりません。

 

給与の計算方法

 

次に給与の決定ですが、手当と残業代、本給がどのように規定されているのか、ということを明確にしなければなりません。これは、労働者と雇用者が給与のことで双方にもめごとを起こさないために必要な方針であり、この点があいまいになってしまうと、給与の決定が出来なくなってしまうことになるからです。給与条件に関しては、労働者に不利益になるような設定を雇用者がしやすい立場にあるからこそ、最初に手当や本給の条件については明確にしなければ不利益を負う結果になってしまうことが予想されます。

 

労働条件をあいまいにしない

 

労働者にとっては、これらの条件があいまいになってしまうことが予想されますから、出来る限り互いに不利益を被らないような条件を決めておくようにすることがポイントでしょう。互いに納得している条件であれば、それ以上に不利益になることもありませんし、互いに労働条件や手当などについて一方的な不利益を負うこともなくなります。


ホーム サイトマップ