労働条件の変更は難しい

労働条件の変更は難しい

労働条件の変更時の注意点

労働条件の変更と注意点

 

労働条件の変更に関しては、労働者が不利益を負うような条件の場合、一方的に雇用者の都合で解雇することはできない、との規定があります。この点を無視して、給与の減額などはできない、ということを雇用者は意識していなければなりません。特に労働者にとっては不利益となるような給与設定をしている場合には、労働者にとって一方的に不利益となってしまうことが予想されますから、その点は了解を得なければならないといえます。

 

雇用者と労働者の双方の同意

 

また、労働条件については、雇用者と労働者の双方の同意でありますから、突然、雇用者の都合だけで不利益な条件を労働者に押し付けることができません。この点については、十分に考慮して、なるべく労働者の立場を考慮した提案をしなければならない、といえます。労働者と雇用者が納得できる条件は一度、雇用契約の段階で締結しているため、昇進や昇給のような労働者にとって有利となることに関しては、社内の規定や条件によって問題はありませんが、不利益となるような条件はなかなか労働者に押し付けることができない、ということを知っておかなければなりません。

 

会社で給与をもらう大切さ

 

労働者にとっては、会社で給与をもらうことは生活を左右することだからこそ、その点を十分に考慮して労働者にとっての立場を配慮しなければ、不利益となる可能性があります。労働者の立場を意識したケアや配慮を十分に法的にもしておけば、ある程度の雇用条件の改定は可能な場合もあります。もし、そのようなことで法的に分からない点があるときには労働基準監督署に相談する、などをすれば、法的な側面からアドバイスを受け取ることができます。このあたりの条件については、十分な配慮を受け取れるようにしておくことをお勧めします。


ホーム サイトマップ