青色申告の誕生

青色申告の誕生

申告は大きく分けて2つあります

申告方法には2種類ある

 

申告方法には、個人事業主の方が採用できる方法には、簡易的な手続きで済む白色申告と、細かい科目勘定までを分類する青色申告があります。白色申告が会計上の知識が最小限で済むことに対して、青色申告の場合には手続きが煩雑になることが予想されます。しかし、その分、税率に控除額が大きくなっていますが、税金の負担を小さくすることができます。

 

税務署への正しい申告が大事

 

青色申告は、税務署に対して正しい申告をしてもらおうという概念から誕生したものであり、所得が大きい方ほど、青色申告をされた方が最終的な所得に対する税金の負担を小さくすることができますから、お勧めの方法です。もちろんその場合には、どうしても負担される金額もかなり全体としては大きくなってしまう部分がありますが、最終的な税率としては、負担を小さくできる部分もありますから、ぜひその点を配慮して、良い方法を採用できるようにしておくことです。

 

パソコンソフトで対応も円滑に

 

申告方法は、状況に応じてどちらが良いのか、ということはその人の価値観による部分がありますが、現在はパソコンソフトにも青色申告を簡易的に進めることができる方法がありますから、状況に応じて臨機応変に活用できると便利です。金額的にも税率上で、有利になる青色申告は手続きで煩わしい部分が多少ありますが、それだけ、税務上で有利となる部分も多くございますから、ぜひ税務上の点も考慮して選択をされるようにしておくことをお勧めします。また、青色申告は、提出しなければならない書類が多くなるため、白色申告ではなく、青色申告で提出しようと思った時点で、税務署への準備を予め用意しておかないと、経費算入の時点で認められない可能性もありますから、書類の準備などは早めにするように注意してください。


ホーム サイトマップ