個人事業主専用のカードローン特集

法人化のデメリット

交通費の限度額

交通費の限度額と法人税交通費の限度額が法人化に伴い、公共機関に準じたことや、営業活動に限定されてしまうなど、個人事業主よりも規定が細かくなる、というデメリットがあります。このあたりは、税務署の規定や法人の規模によって細かく設定されているため、その点で不利益を被らないように注意をしなければなりません。...

≫続きを読む

 

住民税の均等割課税

均等割課税の確認を法人税の中には住民税の均等割課税が存在します。市町村税や都道府県税がそれに該当するもので、各地域で赤字であったとしても固定で発生してしまう法人税となっています。年間、おおよそ7万円から10万円程度、1000万円を超える会社であれば、それ以上の費用が発生してしまうため、この固定費は個...

≫続きを読む

 

決算手続きの複雑化

決算手続きが複雑になる法人化のデメリットの中には決算手続きの複雑化を指摘する方もいます。法人になると、固定資産となる税金の他にも、役員報酬、給与計算による各種保険の算出、法人税の経費など、算出しなければならない計算が複雑になり、会計ソフトをしようとしたとしても、計算が難しく、それだけで労力を余計にか...

≫続きを読む

 

青色申告の誕生

申告方法には2種類ある申告方法には、個人事業主の方が採用できる方法には、簡易的な手続きで済む白色申告と、細かい科目勘定までを分類する青色申告があります。白色申告が会計上の知識が最小限で済むことに対して、青色申告の場合には手続きが煩雑になることが予想されます。しかし、その分、税率に控除額が大きくなって...

≫続きを読む

 

労働基準法に従う

労働基準法の明示雇用契約をするためには、労働基準法を明示しなければなりません。これは、事前に労働者と雇用者で給与や労働時間などで互いが同意した事項に関して、法的な拘束力を持つために必要な事項です。実は労働基準法は法律で明示されているものの、労働者、雇用者がその法律の概要を知らないまま、雇用契約や給与...

≫続きを読む

 

明示しなけらばならない労働条件は?

明示すべき労働条件明示するべき労働条件に関して、まず最初に求められることは労働日数、労働時間、給与、有給、手当と本給に関してです。労働日数に関しては、規定の日数をどのように算出しているのか、ということを雇用契約書に記載しなければなりません。この点があいまいになってしまうと、労働者、雇用者ともに不利益...

≫続きを読む

 

就業規則の作成

雇用者と労働者での決めごとの締結雇用者と労働者にとって、互いに労働条件でもめ事を起こさないために必要となることは、就労規則を設けることです。これは、労働基準法以外にも会社にはそれぞれの業種で特殊な立場や、業種ごとの決まりごと、会社ごとの労働環境に即して、法律の範囲内で会社側は就業規則を作ることができ...

≫続きを読む

 

解雇は容易ではない

労働者の解雇には注意を一般的に労働者を解雇することは、会社都合となる場合には法的な規定が設けられているため、現実的には難しくなってしまうことが予想されます。雇用者にとっては、労働条件は出来る限り柔軟にしておきたいものですが、生活がかかっている労働者にとっては、雇用条件や解雇ということは生活に直結する...

≫続きを読む

 

労働条件の変更は難しい

労働条件の変更と注意点労働条件の変更に関しては、労働者が不利益を負うような条件の場合、一方的に雇用者の都合で解雇することはできない、との規定があります。この点を無視して、給与の減額などはできない、ということを雇用者は意識していなければなりません。特に労働者にとっては不利益となるような給与設定をしてい...

≫続きを読む

 

労働契約の(試用)期間はどれくらい?

試用期間の制定労働条件の定めで試用期間を雇用者側は指定することができますが、この期間は労働者にとって解雇を申し渡される期間となってしまうため、不利益を受ける可能性があることが予想されます。そのため、過度に長期間にわたって労働者側へ延長することは出来ないことになっています。一般的には契約社員などの期間...

≫続きを読む

 

守秘誓約書とは?

守秘義務の範囲守秘義務契約は会社の労働に関わる業務内容に関して、情報を他に漏洩しない、ということを労使間で締結することにあります。これは、あらゆる業務で締結することができるため、この守秘義務契約を守らなかった場合には、労働者にペナルティとして損害賠償を請求することができる場合があります。ただし、一般...

≫続きを読む

 

事業の財産は常日頃から管理を行う(「顧客名簿」など)

物質的な財産をチェック会社の事業に関する、物理的な財産以外にも情報や顧客名簿などは財産として扱うことができます。この点は、意外と見落としがちとなってしまうことで、会社の運営上で不利益を被る結果になってしまうことが予想されます。顧客名簿などの管理は、現在はパソコンなどのコンピュータで効率的に管理するこ...

≫続きを読む

 

税務署に「家計費の経費混入」をうるさく指摘されたら?

税務署への申告と経費算入個人事業主として確定申告をするときに、税務署には「個人の経費」の混入を指摘されることがあります。マンションや自家用車、携帯電話の料金などに関しては、明確な分類が無ければ、この指摘ができない可能性があります。この点については、どのような分類方法を採用しているのか、ということを明...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ