個人と会社の税率構造の違い

個人と会社の税率構造の違い

個人と会社の税率構造の違いについて

青色の所得控除の問題

個人と会社の税率に関しては、青色申告の税率控除をのぞいても、赤字の時や黒字の時の経費算入、売上高と所得という概念があるため、金額的な計算に違いが発生してしまいます。

 

法人税は黒字になった段階で税率が発生することになりますが、個人の場合には個人所得で、控除の対象となる以外の部分には税率が発生することになります。

 

この点については、どの程度の税率が発生するのか、ということを計算して、どちらがより税制上、有利になるのか、ということを計算しておかないと、なかなか計算できないままになってしまうことが予想されます。

 

白色申告と青色申告の問題

 

個人の税率に関しては、白色申告と青色申告があるように、税率が状況によってかなり左右されてしまうことがあります。また、高額所得の方ほど、税率が高くなる傾向にあります。それに対して、法人は経費を除いて、黒字にあるのか、赤字にあるのか、ということで計算を分けることになってしまいます。これらの計算によって、税率も決定されてしまうことになりますから、税制上の体系が違うことになります。

 

経費に算入できる経費の分類

個人と法人の経費

個人の場合、また、経費に算入できる分野が限りがあるため、どうしてもその金額はある程度、拘束が発生してしまうことになりますが、法人の場合には、その点が柔軟に対応できることや、減価償却の算入できること、設備投資費などの費用や大規模な費用になったときの税制上の優遇なども大きくなるため、その点に大きなメリットがあります。

 

それらの点を総合的に考えて、どちらが節税の観点からして有利であるのか、ということを比較することで、金額的に有利な方法を採用していくことができるようになります。ぜひ、その点を考慮して、有利になるように取り扱うことをお勧めします。


ホーム サイトマップ