法人化すると本当に節税になるのか?

法人化すると本当に節税になるのか?

法人化でも節税にならない事がある

法人化でも節税にならないことも

法人化すると、節税になる場合と、実際にはそれほど節税にならない場合など、条件によってかなり違ってくることが予想されます。これらの点は、法人税の問題に該当することになりますから、きっちりと条件別に条件を分けなければ余計な点で不利益を受けることが予想されます。

 

特に個人の方で、ある程度経費算入ができているにも関わらず、法人にしてしまうと、最終的な税率がたかり高くなってしまうことが予想されます。

 

事前に税率の概算を

事前に税率について、概算を設けて計算しておいた方が、最終的に負担を小さくすることができますから、ぜひその点については十分にチェックをしておくようにする方がよいでしょう。

 

法人の問題点については、どの程度の金額的な負担になっているのか、ということを計算して、専門の税理士に確認するなどしておけば、その負担分がどの程度になるのか、ということを計算することができますから、税制上のメリットについても十分に確認をすることができます。

 

法人住民税のチェックを

 

すぐには単純に計算できない法人税の住民税の問題や、売上が上昇したときの税制上の負担の問題なども残されていますから、その点についても十分にチェックをしておくようにすることをお勧めします。

 

最終的に税率がどの程度で、売り上げがどの程度予想されるのか、ということで税率を算出することが必要になってきますから、その点については十分にチェックして、金額的な負担を計算するようにしておくことが大切です。


税制上、不利益を被らないようにするためにも、計算に関してはきっちりとしておくようにすることや、税理士に相談を受けるようにしておくことが、計算上の不利益を減らすことのポイントとなってきます。


ホーム サイトマップ