親族への支払いを経費に出来る

親族への支払いを経費に出来る

親族への支払いを経費にするメリット

親族の支払いを経費に算入可能

法人化するメリットとしては親族への支払いを経費に出来る点があります。これは小規模な個人事業主で進めている場合、夫婦間や同居している子どもへの経費を算入することが実質的に難しい場合があるためです。

 

このあたりのルールは、個人事業主の場合でも難しいケースがありますが、一般的には親族への給与などの支払いは個人事業主では出来ない場合が多くあるため、注意が必要です。

 

法人化でスムーズに支払い

 

その点、法人化してしまうと、これらの悩みや手間が発生しない、という点でも業務を効率化できるなど、よい点が多くございますから、その点を上手に活用されるようにしておくことをお勧めします。業務での経費で算入することができれば、全体的な税務上の負担を小さくすることができますし、夫婦間の給与を一体化する、というような場合でも経費算入できる点は大きなメリットとすることができます。

 

小規模法人の注意点

金額上、どうしても小規模な法人になると、小額でも税金が発生するかどうか、ということが一年単位で見ると大きな金額になります。特に同族会社のような親族で経営をしている場合には、夫婦や親子での業務が多くなってしまい、その点が税務上不利益を受けてしまうようなケースも十分に考えられます。

 

この点のデメリットを法人化することによって負担を小さくすることができるのであれば、なるべくその点をフルに活用されるようにした方が、最終的に発生する金額的なロスもかなり小さくすることができますから、ぜひ活用をされてみてはいかがでしょうか。しかし、法人税として発生する固定の税率も決して小さくはありません。

最終的に経費算入できる部分と比較してどちらが得をするのか、ということをきっちりと確認をされておくことをお勧めします。

ホーム サイトマップ