給与所得控除額

給与所得控除額

給与所得控除額について

法人税と個人の税金の違い

法人税と違い、個人で給与をもらうときには給与控除額が税金にはあります。これは給与所得に関しては、ある程度、経費として算入されるべき給与がサラリーマンでもあるとされる考え方であり、確定申告を法人が代理で行っているという考え方に基づくものです。

 

主に所得額の10%は、経費として算入することができるクリーニング費用や、諸経費に当てることができると考えてよいことになっており、これらの手続きを税務署に代理で法人が行うことになっています。

 

手続きは煩雑になる可能性も

 

この場合、どうしても手続きは煩雑になってしまいますが、その点、働く方によっては、税制上の有利な点を受けることができるというメリットがあります。これらの点は条件別によって、税率もかなり左右されてしまう可能性がありますから、ぜひ早めにチェックをされておくようにすることをお勧めします。また、確定申告自体は労働者が本人で申告することも可能ですから、状況に応じては臨機応変に対応できると、最終的に支払う実際の納税額を左右します。

 

法人税と個人の所得の違い

 

法人税関連と個人の所得にはかなり金額的にも違いがありますから、その点についてもきっちりと確認をしておくようにすれば、税制上、不利益となる項目を避けることができます。金額的にも不利益となる状況を出来る限り避けられるようにしておけば、最終的な税務上のデメリットを回避することができますから、ぜひうまく活用してください。

 

税制上、どのような方法を採用するのが良いのか、ということを状況に応じて、法人側も個人の所得に関して多少は考慮されるようにした方が、労働者側にとっても手取り額や節税の効果につながることになります。もちろん、経費算入される金額は事業によっても違いますから、その点は注意して科目勘定を分類してください。


ホーム サイトマップ