事業供用割合という概念がない

事業供用割合という概念がない

事業供給割合が無いことが個人事業主との違い

事業供給割合のない法人の税制

 

事業供用割合という概念が法人化したときの経費にはないことが、個人事業主との違いとなります。個人で携帯電話や、事業用の車を使用した場合には、事業供用割合がどの程度になるのか、という計算や、実際に経費として算入された割合、事業で使用した記録などの証拠を提出することが求められることになりますが、その点がないことは、長い目で見ると節税の観点からすると、かなり大きな金額となることは間違いありません。

 

経費算入も大きくなる

 

法人であれば、実際に経費として算入される割合も大きくなり、個人のときのような、経費として算入されない部分が無くなることはかなり大きなポイントです。このあたりの条件については、どのような基準になっているのか、一年を通して比較しなければなかなか分からないポイントでもありますから、ぜひその点については確認しておくと良いでしょう。

 

算入できない経費には注意

 

もちろん、経費として法人になっても算入されない部分も予想されますから、その点についても十分に検討をされて、なるべく不利益とならない方法を採用できるようにしておくことをお勧めします。全体的に経費で算入できる部分はどの程度になるのか、ということを十分にチェックされておくようにした方が、金額的な負担も小さくすることができますから、事前に確認をされておくことです。金額的な負担もあまり大きくしない方が全体的な負担も小さくすることができます。経費算入に関しても、きっちりと計算して、最終的な負担を過度に大きくならないようにしておく方が、事業供用割合を計算して法人成りをする場合にも有利となることが多いため、事前に税理士などに相談しておくと負担する金額を減らすことができます。経費に関してはなおざりにすると算入できないことがありますから、注意してください。


ホーム サイトマップ