個人事業主専用のカードローン特集

法人化するメリット

法人化すると本当に節税になるのか?

法人化でも節税にならないことも法人化すると、節税になる場合と、実際にはそれほど節税にならない場合など、条件によってかなり違ってくることが予想されます。これらの点は、法人税の問題に該当することになりますから、きっちりと条件別に条件を分けなければ余計な点で不利益を受けることが予想されます。特に個人の方で...

≫続きを読む

 

税理士事務所を活用する

税理士事務所の活用税理士事務所を活用すれば、法人として税金が発生する負担をある程度、軽減することができます。また、毎月の科目勘定別の経費に関しても、余計な手間を大幅に減らすことができますから、金額的な負担をかなり小さくすることができるというメリットがあります。このあたりの計算は、なるべく効率的に配慮...

≫続きを読む

 

個人と会社の税率構造の違い

青色の所得控除の問題個人と会社の税率に関しては、青色申告の税率控除をのぞいても、赤字の時や黒字の時の経費算入、売上高と所得という概念があるため、金額的な計算に違いが発生してしまいます。法人税は黒字になった段階で税率が発生することになりますが、個人の場合には個人所得で、控除の対象となる以外の部分には税...

≫続きを読む

 

給与所得控除額

法人税と個人の税金の違い法人税と違い、個人で給与をもらうときには給与控除額が税金にはあります。これは給与所得に関しては、ある程度、経費として算入されるべき給与がサラリーマンでもあるとされる考え方であり、確定申告を法人が代理で行っているという考え方に基づくものです。主に所得額の10%は、経費として算入...

≫続きを読む

 

親族への支払いを経費に出来る

親族の支払いを経費に算入可能法人化するメリットとしては親族への支払いを経費に出来る点があります。これは小規模な個人事業主で進めている場合、夫婦間や同居している子どもへの経費を算入することが実質的に難しい場合があるためです。このあたりのルールは、個人事業主の場合でも難しいケースがありますが、一般的には...

≫続きを読む

 

信用効果が上がる

対外的な信用力法人にするメリットとしては、対外的に取引先に信用力があがるということがあります。個人で取引するには、どうしても限界がありますが、法人であればそれだけ社会的に信用された取引をしている、という実績につながります。小規模な法人であっても、会社として登記簿に登記している以上、いかがわしいビジネ...

≫続きを読む

 

事業供用割合という概念がない

事業供給割合のない法人の税制事業供用割合という概念が法人化したときの経費にはないことが、個人事業主との違いとなります。個人で携帯電話や、事業用の車を使用した場合には、事業供用割合がどの程度になるのか、という計算や、実際に経費として算入された割合、事業で使用した記録などの証拠を提出することが求められる...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ