個人事業主専用のカードローン特集

低金利で借りるポイント

少しでも金利を抑えたい

黒板

必要な借金もある

借入、いわば借金はしなくて良いならしない方が良いです。しかし、生活している上でどうしても借金をしなくてはいけない時もあるでしょう。借金というあまり聞こえは良くないですが、ショッピングなどに使うクレジットカード、カードローン、車や住宅購入のためのローンなども、簡単にいえば借金と同じことです。自分の代わりにカード会社などが支払ってくれ、そこに分割で返済しています。

 

金利が安くなる条件

ではどうしても借入やローンを組むとなったら、少しでも金利は安い方が良いでしょう。
まず金利が安くなる条件について説明します。

高額借入をする

1つは高額借入、ローンです。銀行や消費者金融などの商品を見ると、どこも最低金利は○○%、または○○%〜○○%といった表示が多いでしょう。こうした金利は、まず最低の金利が適用されることはないと思って良いです。金額別に金利を設定している銀行も多く、その限度額いっぱい借りた方は最低の金利になるといったケースが多いです。
よって、低金利で借りるためには高額利用が必要となるでしょう。

 

銀行からの借入をする

また、基本的には銀行の金利が一番低金利と言われています。消費者金融の借入金利などは、大抵法定内における最高の金利を設定しているケースも多いので、審査が通るのであれば銀行からの借入をオススメします。

 

担保をつけるローン

銀行などの金融商品には、不動産ローンや担保ローンといった商品もあります。これらは担保を付けることで低金利にすることができます。銀行側としては、たとえ貸倒れになったとしても担保があるために、リスクが少なくなります。よって、金利を低くすることができるのです。

 

このように低金利にて利用する方法というのはいくつかありますが、まずは低金利で利用ができる銀行などを探すのが良いでしょう。

低金利で利用できる銀行から探す

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ