個人事業主専用のカードローン特集

キャッシング・ローンの種類

目的別のローンがある

ノート

用途に合ったローンを選択

キャッシング・カードローンには、色々な種類があります。基本的な考えとして、目的のあるローンと目的のないローンです。目的のある方が金利など優遇されている傾向があります。

 

フリーローン

一般的なキャッシング・ローンとして、フリーローンがあります。
名前からもわかるとおり、借入れしたお金の使い道が自由なのです。他には多目的ローンといった呼び方もあります。先ほど説明したように、目的のあるローンと比較して金利が高いケースが多いです。

自由に使えるが金利が高い

 

目的別ローン

目的のあるキャッシング・ローンにも、色々な名前があります。子供の教育のための教育ローン、車を購入するための自動車ローン、旅行ローンなどなど。
これらのローンを利用するためには、それを証明する書類などが必要です。車を買うなら契約書や見積書などが必要です。
フリーローンと比べると審査の基準は厳しくなっていますが、金利面はフリーローンよりも優遇されています。

審査は厳しくなるが金利が低い

 

担保ローン

担保ローンというものがあります。これは名前のとおり担保を必要とするローンです。他のローンなどとは違い、担保がある分融資額も比較的多くなっています。
審査は本人の仕事や年収にプラスして、担保となる価値の査定なども行われます。通常よりも審査には時間が掛かり面倒ですが、受かれば返済期間や金利の設定は一番優遇されているといって良いでしょう。
貸付けする側としては、担保がある分リスクが少ないので、こういった条件を付けることができるのでしょう。

担保がある分融資額が多い

 

おまとめローン

最後におまとめローンです。東京スター銀行のテレビCMでも見たことがありますが、おまとめローンは借入先を1つにまとめることです。
1ヶ所にまとめることで返済に関する手間や金利などの負担を減らせるメリットがあります。ただし、多数から借入れしている現状があるため、審査は多少厳しいことが予想されるでしょう。

便利なローンだが審査は厳しい

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ