個人事業主専用のカードローン特集

総量規制とは

個人の借入額の制限

規制

事業費用の借入は対象外

総量規制は、個人の借入れに関する法律のことです。原則として、年収の1/3までしか借入れができない仕組みとなります。対象はキャッシング・カードローンなど他社の借入も含まれます。

 

一般的に貸付といっても個人向けの中には個人向け保証というのもありますが、総量規制の対象となるのは個人向け貸付けです。とはいっても個人が事業として借入れを行う場合は、その対象とはなりません。

 

借金によるトラブルを減らすために作られた法律だが…

この総量規制ができてからは、貸金業者は利用者の債務状況をこまめに確認する必要ができました。例えばリボルビングにて契約している人では、貸付残高が10万円以上あると、3ヶ月に1回は信用情報機関への照会を行い、確認しなければいけなかったのです。
また、自社にて50万円以上も残高がある顧客に関しては、収入証明書の提出を義務付けています。

 

そもそも総量規制の施行によって、自己破産する人、ヤミ金と呼ばれる違法な貸金業者から借りる人が増えました。本来は借金によるトラブル、問題を減らすべく作られた法律ですが、結果的に苦しむ人が増えたのも現実です。

 

総量規制の施行による影響

総量規制の施行によって、弁護士、司法書士の仕事が増えました。債務問題を専門に扱う業者が一気に増え、テレビCMでもよく見かけます。これは先ほど説明した自己破産に発展するケースもあるのですが、それと過払い請求に関する案も増えたのです。
これはグレーゾーンと呼ばれる金利の問題が発端とはなっていますが、総量規制によってお金が回らなくなり相談に行った結果、過払いが発生していたことに気づくケースが多いのです。

 

要は総量規制は年収の1/3以上借りられないということです。この借入れにはクレジットカードに付帯されているキャッシングでも適用です。ショッピング枠は対象になっていません。

 

年収の1/3以上借りられない

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ