個人事業主専用のカードローン特集

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンはどこが違うのか

ノート

返済方法に違い

キャッシングとカードローンは、ほぼ同じような意味合いなのですが、違いは返済方法にあります。

 

返済方法の違いについて

キャッシングは借入れした金額に利息を合わせた額を翌月に返済する、カードローンは決められた返済期間で毎月一定額を返済していくことです。
正確にはこのようなルール、違いがあるのですが、実際にはカードローンとキャッシングが同じようなかたちで利用されています。キャッシングといっても返済方法がリボ払いのみとなっているケースも多いのです。

実際にはあまり変わらない

銀行などでは、中身を見るとカードローンのことを言っているのですが、商品名としてはキャッシングと表現していることが多いです。これは、借入する側の感覚なのかもしれませんが、カードローンよりもキャッシングと表現するほうが利用しやすいのかもしれません。

 

金利の違い

最も一番の違いはというと、金利でしょう。色々な銀行、消費者金融の商品を比べてみると、カードローンとキャッシングには金利の設定が違うことが多いです。カードローンは大抵がリボ払いとして設定されていることが大半で、その金利はだいたい10%代後半。リボ払いは少額でも長期間に渡って返済するため、貸付側からすると長期で利益を得ることができるメリットがあります。

 

一方キャッシングの返済は翌月に一括返済するというルールがありますから、カードローンよりも金利が高いケースが多いです。貸付側としては、すぐに返済されるために利益があまり出ません。だから金利が高いのです。
特に消費者金融は上限金利いっぱいに設定していることが多いです。

 

まとめ

やや高めの金利で長い期間をかけて返済するか、高い金利だが一括で返済するかは、自分の状況を把握して利用しましょう。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ