個人事業主専用のカードローン特集

個人事業主でもOK【カードローン特集】即日利用も可能

個人事業主 資金面でのデメリット

  • 取引先の入金が1社遅れるだけで生活に関わる
  • 融資を申し込んでも信用度が低く、資金を調達できない

個人事業主は社会的にも信用度が低く、公的な融資を申し込むのは本当に困難です。

 

法人ほどの取引額ではなくとも、1社支払いが遅れるだけで大打撃を受けてしまいます。

 

また、非常に残念なことに、個人への支払いはおざなりにする企業も多く、
そういった面から法人化を考える方もおられるのではないのでしょうか?

 

もちろん、ある程度まとまった資金は持っておいた方がいいですが、なかなかそう上手くはいかないでしょう。

 

そこで、SMBCコンシューマーファイナンスの"プロミスカードローン"はいかがでしょうか?

 

プロミスカードローンは個人事業主・経営者の方におすすめできるカードローンです。

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)カードローン
プロミスフリーキャッシングなら最大限度額500万円までとなっておりますので、個人事業主の方は事業費用として効果的に運用することができます。

 

インターネットから申し込み、プロミス契約コーナーであれば、即日利用も可能です。急を要するときでも心強い味方になってくれます。

借入利率 最高限度額 利用 個人事業主 申し込み
4.5%〜17.8% 500万円 即日可能 利用可能 お申し込みはこちら

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)をおススメする理由

プロミス契約コーナーで即日利用可能
無担保・無保証
ご融資限度額500万円

 

いつでもどこでも借り入れ&返済

どんな場面でも役立つ利便性も自営者にとってプロミスカードローンのメリットの一つです。
1枚持っておくだけで安心のカードローンです。

 

多彩な借り入れ&返済方法

 

申し込みはこちら

 

個人事業主はカードローンの審査でどこを見られる?

個人事業主が申し込む際に必要な書類は下記の2種類です。

  • 本人確認書類
  • 直近1年分の確定申告書

本人確認書類は言葉のとおり、運転免許証などで大丈夫です。

 

個人事業主は確定申告で税金を安くするために、なるべく利益を低く計上していることもあるかと思います。節税という面でみればそれはいいのですが、融資という面では不利になってしまいます。

 

税金を払いたくないからといって、赤字に近いような申告は避けておきましょう。

 

個人事業主の融資の受け方

 

どこの金融機関から、どのくらいの利息で借り入れし、完済金額まで割り出しをしてからお金を借り入れしましょう。この際に利息は安いほうが借り入れをした後に完済金額が安くなり、借り入れをした方にとっては有利です。

 

また借り入れをした際の利便性も考えましょう。キャッシングやカードローンは借り入れをした際には、毎月づつの返済になりますがキャンペーンを行っているカードローンやキャッシングは、借り入れをした際に最初の月は無利息での貸付を行っている便利なサービスを提供しているところなどがあります。

 

そのため借り入れを行う際には自分の事業にあった金融機関からの借り入れを行っていきましょう。

 

カードローンやキャッシングは他にも独特なサービスを展開しているところもあり、非常に便利なサービスも有ります。審査時間は1時間もあれば自分の希望額を融資できるかどうか分かりますので、おまたせしません。

 

審査の基準

 

また審査の基準も、業者によって差があります。A社では申し込みの際に貸付を行ってくれなかったが、B社では借り入れをした際に200万円の融資をしてくれたなどよくあります。

 

何社かに申し込みをしてみて、自分にあった条件で借り入れを出来るところから借り入れをすれば好条件での借り入れをすることが可能で、支払いも楽に完済できます。

 

また個人事業主のかたは銀行からの借り入れが出来ない方もいます。そのような方にもキャッシングは利用可能で、個人事業主の方の希望金額に添えるように貸付を行っていますので、利用する価値が高いです。


ホーム サイトマップ