個人事業主専用のカードローン特集

個人事業主でもOK【カードローン特集】即日利用も可能

個人事業主 資金面でのデメリット

  • 取引先の入金が1社遅れるだけで生活に関わる
  • 融資を申し込んでも信用度が低く、資金を調達できない

個人事業主は社会的にも信用度が低く、公的な融資を申し込むのは本当に困難です。

 

法人ほどの取引額ではなくとも、1社支払いが遅れるだけで大打撃を受けてしまいます。

 

また、非常に残念なことに、個人への支払いはおざなりにする企業も多く、
そういった面から法人化を考える方もおられるのではないのでしょうか?

 

もちろん、ある程度まとまった資金は持っておいた方がいいですが、なかなかそう上手くはいかないでしょう。

 

そこで事業者専用ローンのの"ビジネクスト"はいかがでしょうか?

 

ビジネクストは事業者専用ローンですから、個人事業主・経営者の方におすすめできるカードローンです。

 

事業者専用ローン「ビジネクスト」
ビジネクストは事業性融資であるため総量規制の対象外です。個人事業主の方は事業費用として効果的に運用することができます。

さらに、融資限度額は最高1000万円とまとまった設備投資等にも有効に活用できます。(ただし初回契約時は上限500万円となります。)
これは金銭的な余裕が取りずらく貯金が難しい自営業者にとって【心強い味方】になるカードローンですね。
また、インターネットから申し込みは来店不要です。保証人・担保も不要。忙しい経営者でも利用しやすいローンです。

実質年率 融資額 保証人・担保 総量規制 申し込み
限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
限度額100万円未満 13.0%〜18.0%
1万円〜1000万円(初回500万円) 不要 対象外 お申込みはこちら

 

ビジネクストをおすすめする理由

WEB申込みで来店一切不要で契約可能
担保・保証人不要
総量規制対象外
ご融資限度額1000万円

 

いつでもどこでも借り入れ&返済

どんな場面でも役立つ利便性も自営者にとってビジネクストのメリットの一つです。
1枚持っておくだけで安心のカードローンです。

 

ビジネクストのご利用方法

 

ビジネクストお申込みはこちら

 

個人事業主の融資の受け方

個人事業主の融資の受け方

どこの金融機関から、どのくらいの利息で借り入れし、完済金額まで割り出しをしてからお金を借り入れしましょう。この際に利息は安いほうが借り入れをした後に完済金額が安くなり、借り入れをした方にとっては有利です。

 

また借り入れをした際の利便性も考えましょう。キャッシングやカードローンは借り入れをした際には、毎月づつの返済になりますがキャンペーンを行っているカードローンやキャッシングは、借り入れをした際に最初の月は無利息での貸付を行っている便利なサービスを提供しているところなどがあります。

 

そのため借り入れを行う際には自分の事業にあった金融機関からの借り入れを行っていきましょう。

 

カードローンやキャッシングは他にも独特なサービスを展開しているところもあり、非常に便利なサービスも有ります。審査時間は1時間もあれば自分の希望額を融資できるかどうか分かりますので、おまたせしません。

 

審査の基準

審査の基準

また審査の基準も、業者によって差があります。A社では申し込みの際に貸付を行ってくれなかったが、B社では借り入れをした際に200万円の融資をしてくれたなどよくあります。

 

何社かに申し込みをしてみて、自分にあった条件で借り入れを出来るところから借り入れをすれば好条件での借り入れをすることが可能で、支払いも楽に完済できます。

 

また個人事業主の方は銀行からの借り入れが出来ない方もいます。そのような方にもキャッシングは利用可能で、個人事業主の方の希望金額に添えるように貸付を行っていますので、利用する価値が高いです。

 

当サイトでオススメしているのは、事業者専用ローンの"ビジネクスト"です。
事業拡大・決算時などのまとまった事業資金のニーズに、一時的なつなぎ資金など資金繰りに最適です。

 

事業者専用ローン「ビジネクスト」
ビジネクストは総量規制の対象外ですので、事業費用として十分な額を借り入れすることもできます。

さらに、融資限度額は最高1000万円(初回契約時は上限500万円)で、担保・保証人は不要です。
しかも無担保で繰り返し借入ができるので、一度申し込んでおけば後々助かる場面が出てくるかもしれません。
…もちろん資金に悩まず経営できるのが一番ですが、備えることも経営者の役割です。

実質年率 融資額 保証人・担保 総量規制 申し込み
限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
限度額100万円未満 13.0%〜18.0%
1万円〜1000万円(初回500万円) 不要 対象外 お申込みはこちら

個人事業主はカードローンの審査に通るのか

個人事業主の方は、同じ程度の年収の場合でも一般的に会社員より審査に通りにくいと言われています。
特に、新しく事業を始めた方がクレジットカードを作ったりカードローンに申し込みをし、審査に通ることは非常に難しいことなのです。

 

まったく可能性がないわけではありません!!

個人事業主がカードローンに申し込む場合について、審査に通る可能性がある最低基準がこちらです。

 

個人事業主が審査に通るための基準
  • 開業後3年以上順調に経営している
  • 確定申告が青色で利益を出している
  • 現住所の定住期間が5年以上
  • 子供がいる場合は小学生以上
  • 消費者金融で現在借入がない。
  • 支払い用の銀行口座が解説5年以上

 

会社員の場合は、返済に問題があれば給与の差し押さえ等で回収することができますが、個人事業主の場合、事業に失敗したら回収をすることが難しいのです。
金融業者としては、毎月の給与が保証されており万が一の場合もとりっぱぐれないサラリーマンが良い顧客ということなのです。
そういうことから、一般的に個人事業主の方がサラリーマンと同じ条件で借入を望むならば、サラリーマンより多くの収入と、長期に渡る経営実績が必要なのです。
とはいえ、個人事業主として独立するとサラリーマンと同じように収入を得るためには、サラリーマン時代の2倍稼ぐ必要があると言われていますので事業を順調に進めている方ならば十分審査に通る可能性があります。
ちなみに子供がいる場合は子供が小学生上という条件は子供が学校に通っていれば引っ越しもあまりしないとう統計からだそうです。                                                                                                        

個人事業主が廃業する原因

会社が潰れる原因の大半は、資金繰りによるものです。
資金繰りがうまくいかないという事は、支払期日までに資金調達ができず支払が出来ない状況です。こうなると会社は危機的状況に陥ります。信用がなくなりますし、支払いの催促の対応だけでも大変な苦労ですね。すでに起業している方はもうお分かりだと思うのですが、経営者にとって資金繰りはとても難しく頭を悩まされます。

 

また会計上は黒字であっても会社が倒産してしまう時があり、これを黒字倒産と言います。
黒字倒産がおきてしまう原因もやはり資金繰りが厳しい状況が関係してきます。

 

新しくビジネスを開始しようとする場合、信頼がないので商品を仕入れる場合は必ず先払いになりますよね。そして、その商品を売ったとしてもクレジット決済などでは入金があとになります。入金が遅いために手元の資金が少ない。ですが商品を仕入れるためにメーカーには先払いでお金を払わなければいけません。

 

この状態をいわゆる「資金繰りが厳しい」といいます。
企業が倒産するのは赤字だからではなく、資金繰りが悪いことが主な原因になります。
実際に何年も赤字を出していても生き残っているい企業は多々あります。
たとえ黒字でもお金が入金されず、手元にお金が無いことで倒産する。
企業はある程度資金に余裕を持つことが大切で、資金繰りが非常に大切だということがわかって頂けたでしょうか?


ホーム サイトマップ